忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/11/20 ヘンシウ 仕分け: トラックバックユ・ア・レル 

■第65回vipDTMスレ作曲大会■ 結果


PR

2010/10/24 ヘンシウ 仕分け:未選択 ト ラ ッ ク バ ッ ク:0 トラックバックユ・ア・レル 

アメリカアニメ>>>>>>>>>>>日本アニメ



8 :怪獣の子供<kaijunokodomo> ◆dxakKNa1zM :2010/10/16(土) 14:32:06.84 ID:SqwKbo8G0
日本アニメがクオリティ高いとか言ってる奴は現実を知らない馬鹿だよなwwwwwwwww
○○がハリウッドに影響を与えたwwwwwwwwww
そりゃ向こうの連中にとっちゃあらゆるものが刺激だよwwwwwwwww
だからこそのトップクリエーター、胃の中のかえるの日本のゴミ雑魚うんこ製造機といっしょにすなやwww

色使い、キャラクターの造詣、背景の描きこみ、空気感、動作の細かさ繊細さ・・・
キャラの一挙一動まで徹底的に練られているし、立体としてまったく矛盾が無い

技術、芸術性、センス、どれもがディズニー>>>>>>>>一億>>>>>>>>>日本アニメw
時代を超える普遍性があるディズニーにやっかみしかいえない日本のゴミクリエーターwwwwww

まずアニメは二次元だからどうこうとほざいてるが、何故アニメは「二次元」なのか
この常識からしてすでにおかしいことに馬鹿どもは気づいていないw
画面に移ったものだから、という考え方ならば、実写映像作品だって二次元であるw

平面のスクリーンに描くものだから平面的な視野しかいらない、というのは全く恥ずかしい、幼稚な考え方である
平面の向こうに描きたい世界には三次元の空間というものがあり、キャラクターはその中に暮らしている
ひまわりやチューリップ、人物の輪郭や鼻の陰影、あるいは遠くの山がいつもあんな単純な符丁で描かれるはずないのである
また、太陽があり、影を作り、蔭と光が重なって色が生まれる
光が三次元空間で反射・拡散しあった結果として色が生まれるのだから、色彩学的な意味でも立体把握は必要不可欠だ

日本の芸術的感性などまるで0の(そのへんのおばちゃんのほうが美的感覚は洗練され、敏感に使われているだろう)
馬鹿クリエーターはそれを理解しないで、髪は何色、前から見たときの顔や目の形はこう、部屋の壁は何色・・・
という風な単純かつ狭量な描き方しかできない

こういった意見に対して、馬鹿どもは「それは欧米に毒された考え方だ!日本の伝統的な絵画は常に平面的だった
つまり平面的な画面作りはむしろ日本アニメの良さとして認識されるべきだ!」などとほざくw
伝統的なコンテキストに乗っかってるからといってそれだけで「良さとして認識されるべき」というのは
まるで短絡的な思考であるが、それは置いておくとして・・・

この馬鹿は絵の本質というものをまるで分かっていないようである
俺は決して日本の伝統絵画の平面性、単純性を否定したりはしない
そして同時に、アニメの平面的な描写を軽蔑し、鼻で笑っているのだ

この二つは全く矛盾せず自然に成り立つ
続いてこのことについて、述べていこう

一言で言うならば、アニメーションにもとめられる絵と、美術としての絵画のそれとは全く違う、ということである

キモヲタは西洋のアニメーション、とりわけディズニーアニメの立体性は西洋人のリアリズム絵画をうけついだものと考えたがる
では(それが正しいかは置いておくとして)、実際に西洋のアニメの絵柄はリアリズム絵画のそれと同じだろうか?

答えは明らかに違うのだ
そもそも、リアリズム絵画自体、必ずしも現実を正確に模倣したものとはいえないのである

なるほど陰影のつけかたなど、実に凝っているし、科学的な光の作用を反映したものではあるが、
それでも絵画の画面の空気感はただその風景を写真にとっただけのものとは明らかに違う
また、絵に描かれた人物のポーズなどもどこか演技じみていて、少なくとも日常生活の一枚を抜き取っても
絵画にあるような画面というのはなかなか生まれるものではない
何かが滑らかすぎるのかもしれないし、一部に現実の美化が働いているのかもしれない
いずれにせよ重要なのは、リアリズムとは志向性の問題であり、ただ無思慮に現実を写し取る人間コピー機とでもいうべき
文化とは全く違うということである
枠の中で表現する以上、ただ写し取るだけでは実際の印象を伝えることはできないし、
絵にテーマを持たせることなどできない
リアリズムであろうと、画家は世界を一度分解し、再構築しており、その点で日本の平面的な絵と本質的違いなどないのである

大分話がそれてしまった

改めて・・・伝統的な日本絵画が平面的だから、アニメが平面的なのも仕方ない、という考え方のばかばかしさについて

まず日本絵画のあの平面性が何故生まれたかというと、
あれは対象の内面に深く切り込んでいく精神的な表現をしようとしての結果なのだ
だから日本の伝統絵画には一回性があり、また世界の広がりというものは存在しない
なすびを描いた絵ならそこから読み取れるのはある瞬間のなすびの表情だけなのだ

日本絵画があるものごとの瞬間における、個人にとっての精神的な印象を描いたものであるのに対し、
アニメというのはある世界の連続した時間における、世界にとっての客観的物理的な事実を描くものである

両者が呆れるほど正反対のものであることは馬鹿にでもわかるであろう

2010/10/16 ヘンシウ 仕分け:未選択 感想:12 ト ラ ッ ク バ ッ ク:0 トラックバックユ・ア・レル 

最新コメント
 
[09/08  ナ ナ シ カ イ ジ ュ ウ]
[08/05 M4]
[08/05  ナ ナ シ カ イ ジ ュ ウ]
[08/02 MASASHI]
[08/02 M4]
[08/02 M4]
[08/02 M4]
[08/01 secoia]
[07/31  ナ ナ シ カ イ ジ ュ ウ]
[07/30  ナ ナ シ カ イ ジ ュ ウ]
[05/04  ナ ナ シ カ イ ジ ュ ウ]
[04/29  ナ ナ シ カ イ ジ ュ ウ]
[04/28 MASASHI]
[04/28  ナ ナ シ カ イ ジ ュ ウ]
[03/27  ]
 
 
リンク
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
フリーエリア
 
 
 
最新記事
 
(04/05)
(09/30)
(09/25)
(09/23)
(09/18)
(09/14)
(09/06)
(09/02)
(09/01)
(09/01)
(08/28)
(08/25)
(08/19)
(08/18)
(07/28)
 
 
最新トラックバック
 
 
 
プロフィール
 
HN:
かいじうのこども
年齢:
1223
性別:
男性
誕生日:
0794/11/04
職業:
怪獣
趣味:
DTM、クラシック・民族音楽鑑賞、プログラミング、CG、執筆、スポーツ観戦(総合格闘技)、落語、読書、琵琶、竜笛、胡弓、料理、居合道
自己紹介:
活動…
作曲、CG、絵画、文学などの創作発表活動、雅楽バンド、日本アニメ浄化活動、児童ポルノ規正法強化推進活動

好きな食べ物…てんぷらうどんが大好物です
苦手な食べ物…
酢、生トマト
好きな映画・音楽・作家など…
映画…ルーカス、黒澤、小津など
音楽…民族音楽(特に日本、ペルシア)、QUEEN
作家…貴志祐介、岡本太郎
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(09/27)
(09/27)
(09/30)
(10/03)
(10/05)
(10/09)
(10/09)
(10/09)
(10/16)
(10/19)
(10/24)
(10/25)
(11/08)
(11/09)
(11/09)
 
 
P R
 
 
 
カウンター
 
 
 
アクセス解析