忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/11/20 ヘンシウ 仕分け: トラックバックユ・ア・レル 

日本語でロックをやるという無理

日本語ロック論争というものがありまして。   団塊の世代がロックをはじめようとするとき、日本語でロックができるか、ということでえらいもめたんやそうで。  (そういえば、最近逮捕された某いたいたしい自称ロッカーさんは英語派でしたね。)    はっぴぃえんどという、これまた退屈なバンドがありまして、かれらが日本語でうたった唄が「はんぱない」(団塊いわく笑)ものやったため、結局「日本語でもロックはできる!」という結論へいたったんやそうです。      ・・・彼らに聞いてみたいんですが、果たして英語で「新内節」は歌えるんでしょうか。 あるいは、ドイツ語で「漢詩」は作れますか?   もっというなら、「日本語」を「英語」で話せますか?   日本語でロックを歌えるかなんて、答えは決まってるんです。      唄は言葉そのものであって、ロックは英語でしか歌えません。       せやから彼らは「日本語でロック的な音楽はやれるか(敢えて、ロックの精神は表現できるか、とはいいません。彼らはロックのサウンドに魅せられただけのミーハーであることなんて、小学生でもお見通しです)」と問うべきやったんです。  こんな簡単なことも分からず、非効率的な議論を重ねる彼らはほんまに、阿呆のきわみです。この国で音楽をやる連中がいかに知性が劣ったやつらか、わかろうもんです。  これは議論をする上でいかに言葉を整理して問題の本質を抉れるかの問題であり、国語力の問題といえそうですが、この程度の国語力でよく音楽をやろうと思ったな、といいたくなります。   まあ、話を戻して、英語的なサウンドの格好良さを日本語でやれるか・・・ これならば、僕はできるかもしれない、といえるでしょう。  ただし、そんなことを敢えてやる意味が分かりませんが、と付け加えなければなりません。   ロックのはねるようなリズム、うなるようなギター、ドラムの金属的なサウンド、あれは英語で、アメリカ(あるいはヨーロッパ)という風土があってこそ輝きを持つものです。   英語はシラブル単位で構成された強弱アクセントの言語で、また金属音が強く現れているからこそ、ハイテンポでかきならされるドラムの中でも負けない力強さを持てるのです。      雑誌などで、自称「日本語ロッカー(そんなもんがあってたまるか)が、「日本語は歌に向かない言語なんだよなあ」とか言ってるのを見ると、怒りと同時に笑いがこみあげてきます。   あーあ、マジで言ってんだよな、この池沼は。  ってさ。 彼らが悩むのはたいてい、日本語の金属音の無さ、リズムへのノリの悪さ、情報量の密度の少なさなのですが、そんなものはとっくの昔に解決済みです。  古典を学べば分かることなのですが、本当に彼らは勉強というものをしません。 伝統と切り離された現代人は、音楽家でなくとも伝統を意識的に知る努力をせんとあかんのに、よりによって日本語の職人であるべき彼らが、それをやらないんです。   おそらく、日本のあらゆる芸術――料理、絵画、文学などなど――のうちで、音楽家ほど学ばない人はいないんじゃないでしょうか。   まあ、たまに「かぶれの反動」から日本文化に「かぶれる」阿呆がでてくるわけですが、そういうやつらが真っ先に飛びつくんはサウンド、つまり楽器です。  ロックの乗りで歌いながら、和楽器をかき鳴らして、ああ、俺和を表現してる!とかよくわからないことを抜かします(「和」ってなんでっか? 僕は未だにわからんのですが)  芸術家が批評家であるのは当然ですが、今日では学者でもあれ、というのが僕の考えです。     今の日本人にとっては西洋音楽やロックこそ自然体であり、活きた伝統だよ~、わざわざ学ばなきゃ理解できない時点で、日本の伝統は伝統じゃないんだよ~ 、と言い訳がましいことをぬかすへたれもいますが、「無理」をしなきゃ創造はありえません。     あちらのロッカーが、とっくに崩壊しつつあるロックの精神とやらを捏造してまで継承しているふりをしとるのと同様、 新しい音楽をはじめるには理論が必要だし、「無理」をしなきゃならんのです。  日本語でロックを歌うなんていう無理をしている彼らが、日本語のための音楽を創造しない言い訳のときだけ自然体をアピールするんだから、笑えますね。    要はファッションとしてださいことをやりたないだけなんですよ。     ですから、日本の音楽番組で「ロックバンド」を自称する日本人が出てきても、僕は何も期待しません。  学ぶものなんて何一つありません。    本気です。    英語圏以外のやつで、ロックを名乗る連中は、全否定します。 まるっきりまるまるつるっとまるっときれいさっぱりかっぽり、ごみです。   ごみ☆くずです。       今更でしたが、敢えてはっきり言っておきました。 
PR

2011/07/08 ヘンシウ 仕分け:創作<作曲> 感想:156 ト ラ ッ ク バ ッ ク:0 トラックバックユ・ア・レル 

いまだ日本人は自分たちの城をきずくことはでけてへんねん



音がくのはなしです。


どろくさいところから、はじめなならなんだ。

音楽は、けっしてお金のやりとりからはうまれへんねん。


どんなおんがくかて、さいしょにうみだすんは社会やから。

なんでて、社会はことばや。ことばは旋りつや、拍子や。おんがくや。

音がくのいちばんてっぺんは、おのれはなにものかってことにつきんねん。

どんなにえらそな山をきずいても、旗のたっとらん山はただのがれき。


ぼくは、山やのうて城を築きたい。

それをなしうるのは社会ですが、けれどぼくは、ひとりです。


でけるんでしょうか?

たった、ひとりで。


・・・でける。

そうおしえてくれたひとが、おるんや。

竹本義太夫は、たったひとりで、「浄瑠璃音楽」をかえてもうた。


名前がそのまま、浄瑠璃をさすほどに!


城を築けるのは、商人やない、しゃかいや。


けれど、ぜったいにはかならずけれど、がつくんや。


城を築くのは社会や・・・けれど、ほんまのほんまにまれやけども、ひとりのにんげんがなしうることもある。


・・・ぼくは、自分がそれ――天才――やとほんまにおもうとる。


けれど、ほんまにそなんやろか?





今日、プロのかたの感そうがとどきます。

にほん音楽界のかたすみにすむおっちゃんが、どんなかおでどんなこというのか、ぼくがだれよりも楽しみにしとります。

2011/06/22 ヘンシウ 仕分け:創作<作曲> 感想:53 ト ラ ッ ク バ ッ ク:0 トラックバックユ・ア・レル 

――想像――そうぞう――創造――






――想像――そうぞう――創造――

あたらしい おんがく

にほんごのための おんがく

かくじつに ちかづいてきている


さいしょのわくせいの たんじょう

でも まだたりない――!


神道と、仏教

貴と、賎

西と、東

あわれと、幽玄

雅と、わび

太陽と、月

陰と、陽

これまでどくりつしてつづいてきたものを

ととのえ つなげて 融合しなければなりません


かんたんにはすまない


水金地火木土天海――


あらたにくわわるほしの たいどう・・・!!!


サードアルバムは よういではありません

けれども・・・

ある!

ことしじゅうの・・・たんじょう!!!












2011/06/14 ヘンシウ 仕分け:創作<作曲> 感想:61 ト ラ ッ ク バ ッ ク:0 トラックバックユ・ア・レル 

最新コメント
 
[09/08  ナ ナ シ カ イ ジ ュ ウ]
[08/05 M4]
[08/05  ナ ナ シ カ イ ジ ュ ウ]
[08/02 MASASHI]
[08/02 M4]
[08/02 M4]
[08/02 M4]
[08/01 secoia]
[07/31  ナ ナ シ カ イ ジ ュ ウ]
[07/30  ナ ナ シ カ イ ジ ュ ウ]
[05/04  ナ ナ シ カ イ ジ ュ ウ]
[04/29  ナ ナ シ カ イ ジ ュ ウ]
[04/28 MASASHI]
[04/28  ナ ナ シ カ イ ジ ュ ウ]
[03/27  ]
 
 
リンク
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
フリーエリア
 
 
 
最新記事
 
(04/05)
(09/30)
(09/25)
(09/23)
(09/18)
(09/14)
(09/06)
(09/02)
(09/01)
(09/01)
(08/28)
(08/25)
(08/19)
(08/18)
(07/28)
 
 
最新トラックバック
 
 
 
プロフィール
 
HN:
かいじうのこども
年齢:
1223
性別:
男性
誕生日:
0794/11/04
職業:
怪獣
趣味:
DTM、クラシック・民族音楽鑑賞、プログラミング、CG、執筆、スポーツ観戦(総合格闘技)、落語、読書、琵琶、竜笛、胡弓、料理、居合道
自己紹介:
活動…
作曲、CG、絵画、文学などの創作発表活動、雅楽バンド、日本アニメ浄化活動、児童ポルノ規正法強化推進活動

好きな食べ物…てんぷらうどんが大好物です
苦手な食べ物…
酢、生トマト
好きな映画・音楽・作家など…
映画…ルーカス、黒澤、小津など
音楽…民族音楽(特に日本、ペルシア)、QUEEN
作家…貴志祐介、岡本太郎
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(09/27)
(09/27)
(09/30)
(10/03)
(10/05)
(10/09)
(10/09)
(10/09)
(10/16)
(10/19)
(10/24)
(10/25)
(11/08)
(11/09)
(11/09)
 
 
P R
 
 
 
カウンター
 
 
 
アクセス解析